どうしてFXは24時間取引出来るの?

FXが株式取引と違う所の一つとして、1日中つまり24時間取引が出来ることです。
株式取引は東京証券取引所が開いている朝9時から午後の3時までしか出来ません。
私設の夜間取引所も有りますが、夜間取引所も夜中のうちに終わりますから、それでも24時間の取引は出来ません。
この場合の私設の夜間取引所というのは、為替レートの基準がインターバンクレートというように、実質は銀行取引のことになります。

FXが24時間取引出来るのは

FXが24時間取引出来るのは外国為替市場が国際的だからです。
世界中で外国為替取引が必要な為、日本が閉まってもアジア、中東、ヨーロッパ、アメリカと市場が開きます。
外国の市場はそれぞれ時差が有る状態で開きますから、一つの市場が閉まる前に別の市場が開いてそこで為替取引が継続されます。

IT革命が起こる以前は、ニューヨーク時間が終了すると、翌営業日のシドニーが開くまでは空白時間になりましたが、今では24時間経済は動いていますので、どこかの銀行が時間外の営業を行うことによってインターバンクレートが休みなく動くことになりました。

株式市場も外国為替市場と同じように24時間取引が可能では?

株式市場の場合は、まず利用している証券会社が現地の証券会社と契約して株式の売買が出来るようになっていなければならないです。
当然取引出来る株はその市場で上場している株ですから、日本株の売買は出来ません。
さらに受け渡しの問題も有って、ある市場で買った株を別の市場で売ることも出来ません。
これが通貨ならば銀行経由ですから、どの市場だろうと問題なく取引が出来ます。
ちなみにFXの業者はインターバンクとしての大手銀行と為替取引の契約をしていますから、その銀行一つでどの市場のレートでも取引に応じることが出来ます。

証券取引市場の場合は、その特殊性と商いの多さ、出来高からは実現が不可能なケースが多いのですが、おそらく徐々には24時間取引に移行すると思われます。

FXは市場では売買しません

FXは相対取引といって、市場で売買するのではなくFXの業者と外国為替の取引をします。
そしてFXの業者が顧客の注文をインターバンクに流して、インターバンクと取引をします。
インターバンクは各市場を見て為替レートを提示してきますから、FXはそのレートに合わせて売買をします。
だから土日のように市場が休場ならば、インターバンクは為替レートを提示出来ないから、その場合は取引出来ません。
ただ、中東には土曜日、日曜日の概念がありませんので中東の銀行は土日でもレートを提示しています。これを中東レートと俗には言われています。

しかし24時間でも業者が応じれない時は取引出来ません

FXは業者との相対取引だから、市場が開いていても業者の都合で取引出来ない場合が有ります。
他にも業者が契約しているインターバンクの都合で取引出来ない場合が有ります。
それで取引出来ない間に為替変動が大きく動いて損を出す危険性も有ります。
実際急激な変動が有った時、注文を受け付けない場合が有り、その間に大きく為替が動いで損を増やすリスクが有ります。
FXは各市場で取引出来るから、24時間取引が出来るということですが、肝心の業者が休みな場合は、取引が出来ませんからその点は気を付けておきたいところです。ただし日本の金融庁は流動性の担保に対しては非常に気を配っておりこういった業者のシステムトラブル等に対しては、厳重に対処しますのでよほどのことがない限りないと思いますが、万が一に備えることも非常に大事なことになります。
FX投資には予期せぬリスクはつきものになりますで、十分に配慮して取組ましょう。