外貨預金とFXの違いとは?

国内の定期預金に預けた場合、実質、実質、ゼロ金利かマイナス金利になります。そのほかの預金に相当する投資、国債などの債券で運用するとなると換金に時間がかかります。為替リスクが存在する事実が有りますが、金利の高い外貨預金に預けたほうが有利と判断し外貨預金を行う方もいらっしゃいます。外貨預金よりも、換金性を考えた場合、FXの方を使った方が良いという意見もあります。

FXは外国通貨を売買するだけで金利が貰えるようなものではない

FXにはスワップ金利があり、購入した外国通貨を持ち続けていると、その外国通貨の金利と円の金利の差額がスワップ金利として貰える仕組みになっています。
だからレバレッジを1倍にしたら、外貨預金のようにもなります。

スワップが発生する仕組み

FXにはインターバンクレートといってFXの業者と為替取引をする取引レートが有ります。
インターバンクレートとは日本語に訳すと銀行間取引レートとなり、文字通り為替取引は銀行間で取引を行うものになります。なぜなら、銀行の主要業務の中に決済業務があり、その決済の中には為替取引があるからです。世界的にも銀行は決済業務を行うことが業務の一つであり、国内の同一通貨に対しての決済を振込といい、外国通貨との決済を為替というからです。

FXは、その銀行から資金を借りて外国通貨を買ったり売ったりする仕組みでして、買った外貨をその銀行に預けるようになっています。
銀行に預けるから金利が発生して、借りている円の金利を引いた残りがスワップ金利として貰えます。
そのスワップ金利が外貨預金の金利よりの高いので、外貨預金よりもFXの方が良いと言われています。

なぜなら、FXにはレバレッジがあり、その金利差にレバレッジ分を掛け合わせたものを受け取ることができるので外貨預金よりは有利なのです。

他にも手数料が違う!

外貨預金の場合、外国通貨を買う時も売るときも手数料を取られますが、FXの方は手数料無料の業者がほとんどです。
しかしFXの場合はスプレッドといって買いと売りの価格に差が有って、買ったものを売るときはスプレッド分安く売ることになります。
それでも外貨預金の手数料に比べると両替コストが低いので外貨預金よりもFXの方が良いと言われてきました。

外貨預金の方が有利な面もある!

金利面でも手数料の方でも外貨預金よりもFXの方が有利なのに外貨預金にはFXよりも有利な面も有ります。
FXの業者と銀行ではFXの業者の方が倒産リスクは高いという問題です。
この間のスイスフランの急騰で顧客の損失を被る形で海外のFXの業者が倒産しました。
業者が倒産して預けていたお金が戻ってこないリスクが有ります。

ただし、日本の金融庁の許認可を受けたFX取扱業者の場合は、金融庁の厳しい指導によって分離保管義務というのがあります。これは日本の銀行、証券会社、先物会社には、顧客と会社の資金を分離して保管をしなければいけないのですが、FXの場合はまだ新しい取引形態になりますのでその分離保管義務が法制化はしていませんが、金融庁が許認可をする場合、この分離保管がなされていない業者の場合は今後、許認可が下りない可能性が高いのです。
外貨預金も預金保護の対象外ですので、銀行の倒産でお金が戻ってこないリスクが有りますが、銀行の方がFXの業者よりも倒産リスクが低いです。

税制面では外貨預金の方が不利な場合も

単に申告をしなくても摘発される可能性が少ない場合があります。FXは雑所得として20%の申告分離課税で、外貨預金の場合は同じ雑所得ですが、こちらは総合課税と税制面では不利になっています。
為替差益と金利収入を得ることを考えるなら、外貨預金よりFXの方が有利です。
ただ倒産リスクを考えて、安定度の高い大手のFXの業者を利用して為替差益と金利収入を得るようにしましょう。

ただし、日本の金融庁の方針は、倒産リスクのある業者の場合は行政指導を何度も繰り返し、自主廃業をするように推奨をするものです。つまり、過去に営業停止になる業者というのは非常に高いリスクをもっている業者ということになります。
また、海外FXは、金融庁は厳しく排除はしていませんが、海外FXで倒産しても金融庁は苦情を受け付けないというスタンスになります。
税金や業者選びは各人によってリスクが違いますのでリスク管理も投資の一部と考え投資に取り組みましょう。